10/31から11/6にかけて、共同研究のためドイツのチュービンゲンに再度訪れました。

今回のメインの打ち合わせ内容は(も)、日本語イディオムの異形バリエーションに関するものでした。異形バリエーションといっても様々な種類がありますが、ここでは「歯が全く立たない」「愛想がすごくいい」のようなイディオムの間に語句が挿入されているものを中心に検討しています。そしてコーパス(現代日本語書き言葉均衡コーパス:BCCWJ)を使ってこのようなイディオム異形の用例を探したのですが、これがなかなか出てきません(検索の仕方の問題?)。Googleで検索すれば、結構ヒットするのですが・・・。

もう少しコーパスをいじりつつ、このあたりの様相を検討してみようと思います。

 

そういえば、1年近くかけてだらだらと読んできた(といっても歯が全く立たず、ほとんど(意)味は分かりませんでしたが)、『Ulysses(ユリシーズ)』がドイツ滞在中に読み終わり、なんだかUlesides(ウレシーデス)。

ジェイムズ・ジョイスのコーパスを調べれば、たくさんのイディオムの異形が出てくるのかな?Yes?

Comments are closed.

Post Navigation

Top